古立ケンジofficial Blog ケンジのlivelog

古立ケンジ過去・現在・未来への扉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oriental Junction short live

さてさて、昨日帰ってくるのが遅く書けませんでしたが、Oriental Junctionの中身です。見に来れなかった方はこれで妄想族してください。

M1・Island of deity ~神々の島~ フルキャスト(ディジュ以外)
M2・シルクロード  お琴&二胡
M3・焼き鳥 盛り合わせ  尺八&ジャンベ
M4・ディジュリドゥスピリッツ  ディジュリドゥ&和太鼓(担ぎ桶)
M5・春の海  尺八&お琴
M6・結音  フルキャスト 
アンコール・Island of deity ~神々の島~ フルキャスト

こんな感じです。
今回のライブ打楽器は私だけで、しかも先の日記に書いたようにライブハウスではない箱ですので天井が低く音の回りが良すぎるんで、太鼓には両面ともにミュート掛け捲りました。それでも鳴るんで非常にナイーブになりながら打ってました。でも出すとこ出す、落とすとこ落とすの「最弱音と最強音」を自分なりに使い分けメロディー楽器とのバランスを考えつつだったんですが、また後日ライブテープを見たいと思います。そんな頭使った奏法でしたので脳みその糖分が足りなく、帰りの道中のラーメン屋で接収しました。

Oriental Junctionは色々勉強させていただくライブでした。共演者の皆様本当にありがとうございます。
お越しくださいました皆様も本当にありがとうございました。
またどこかでお会いできるのを楽しみにしております。

さて、また次に向けてがんばろ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenjiwanlive.blog72.fc2.com/tb.php/55-91fc9723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

楽器が面白いかも

アボリジニは1000年以上前にディジュリドゥを作ったとされ、実際には文献が存在しないので証明が不可能ながら「世界最古の管楽器」の一つではないかと言われる。主に宗教儀式やヒーリングに演奏していたと考えられている。現在では様々な地域で演奏されるが、伝統的にディジ

  • 2007/04/08(日) 20:09:24 |
  • 楽器が面白いかも

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。