古立ケンジofficial Blog ケンジのlivelog

古立ケンジ過去・現在・未来への扉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋ですね。この時期だからこそ!

しとしとと降る雨。
先週まで半袖でもいいくらいに暑かったのに、今週には羽織物一枚どころかコート的なものも着ないと寒いくらい。この雨がまたやむとまた寒い冬に近づくんでしょうね。

さて、催し物やら何やら色々秋といえばありますが、それらが終わるとまた今年の年末もしくは今年度末に向けて色々と動きだす時期でもあります。

お稽古やらレッスンやら何かやっている方はまた新たな気持ちで別のクラスへ行ったり、もしくは何か別のことを始めたりと、春・秋は区切りのいい時期でもあります。
そんな私のクラスも例外ではなく、10月から始めたり移動したり、または来てくださったりと色々動きがあります。

またまた真面目なお話になりま。今回はクラスについてです。
私の職業でもある和太鼓という仕事。まぁ私自身あまり「仕事」という感覚ではないんですが、それは置いといて。
和太鼓プロ演奏者は知られていないだけでたくさんいらっしゃいます。ピンからキリまで。私もその内の一人です。
演奏者でなくとも和太鼓の「レッスンプロ」までいるような、いわゆるビジネスとして現在成り立っていますが、大事なのは生徒さんであり、お客様です。
先生や講師の中にはオープンな方もいれば逆にクローズ、‘囲う,先生もいらっしゃいます。囲うというのは「私以外のところで習ってはいけません!」なんて教室・クラスそんな先生や講師もいますがもあるようですが
、一番は生徒さん、お客様が何がしたい、どんなことがしたいというところにもあります。始めたばかりの方、限られた時間と場所の方でもなるべく色んな音楽や太鼓を見たりしてほしいですし、いろいろな教室に、チーム・グループに行ってご自分で体感してほしいです。

先程も言ったように太鼓には色んな先生がいて、沢山講師がいます。それでいてライセンなんてものもありません。でも必ずあなたに合う講師がいるはずです。
そこで難しいのが「合う」ということがクラスの雰囲気やレッスン内容もそうですが、レベルというのもあります。
始めたばかりの方は当然バチの持ち方や構え方などありますが、続けて2〜3、4,5と経ってくるとご自分のレベルも変化してきます。クラスの雰囲気は楽しいし仲良しだけど物足りなさを感じていらっしゃる方は思い切ってこの時期に一つ上に上げてみてはどうでしょうか?
今までの人間関係が壊れるわけでもないですし、新たな出会いとやりがいも上がるかと思います。
そして先ほど言ったようにこういう時期だからこそ、いろいろな講師のところへ行き、体感してみてください。自分で体験し、経験したことが一番信用・信頼そして実感としてわかるはずです。これは私のクラス云々ではなく全てのクラスや先生・講師・生徒さん・お客様に言えることだと思います。
新たな発見と出会いが必ずあります。
皆さんの充実した太鼓ライフが送れるようになることを願っています。
そのために私たちは日々、努力し納得行くようなクラス作り、そしてさらにその和を、楽しさを他の人にも分けられるような雰囲気作りをしなくてはいけないと思っています。
硬い言葉で言うと「企業努力」ですね。
そう言った企業努力なくして和太鼓の世界の発展や発達、そして今のなでしこのような認知されるような業界にはならないと感じています。

話が逸れてしまいましたが、ぜひまた皆様とお会いできるのを楽しみにしています!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenjiwanlive.blog72.fc2.com/tb.php/502-9121e3ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。