古立ケンジofficial Blog ケンジのlivelog

古立ケンジ過去・現在・未来への扉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代社会で生き抜くための要素

昨今の現代社会は様々な情報が行き交い、電波が空を蔽い、人々が世話しなく歩いている。

そんな社会に和太鼓というジャンル(職種)で生き抜くには、才能・努力・知識・技術・その他色々必要である。

しかし和太鼓に限らず現代で生き抜くには私は3つの条件がそろっていればなんとかやっていけるのではないかと思っている。

まず1つ目
手に職
これは仕事であればなんでもいい。とにかく自分にしかできないことをやる。身につけること。

2つ目
パソコン
様々な情報がやり取りしあう中で頭もアナログとデジタルの両方を身につけないと損をします。これだけネットワーク社会になっているのだからこれを活用しないともったいない。
ちなみに私はメールのやり取りもしますが、手紙もなるべく書きます。それぞれの地に行った時には地元の切手を買います。その買った切手を使って手紙を書くんです。この人にはどの切手を使おうか、と楽しんでいます。
あと譜面も手書きです。

3つ目
英語「english」
音楽に国境はない!まさにそのとおり。しかし言語に隔たりはある。
あるCMで「日本人独特の間がある。これを伝えたい」というキャッチフレーズがある。まさにキャッチされた一人です。
コミュニケーションをとりたいと思えば当然の選択肢だと思います。
以前所属していたGONNAのプロデューサーであるネコ氏の言葉で「音楽における譜面と言うのは共通語みたいなものだ」という言葉をよく口にしておりましたが、まさに言葉(言語)の共通語が英語です。国際的にも共通語として認識されていますね。
私は音楽で自分を、そして自分を英語で表現したい。
そう思い、ただいま英語の勉強中です。

以上が私が思う、現代社会で生き抜くための3つの要素です。

久しぶりにガッツリ書いたなぁ~。

コメント

はろう

けんちゃん、お久しぶり。仙のマサです。
ソロ活動もなかなか順調なようで。この間まで日本にいたから、西に行く機会があれば会いたかったのだけど、無理でした。
アメリカに来るときは連絡頂戴ね。マンハッタンまで出て行けるか分からんけど、色々手伝えるとは思うから。
ブログ立ち上げたので、リンクさせてもらいました。よろしく。

  • 2007/01/27(土) 03:20:22 |
  • URL |
  • せんのまさ #-
  • [ 編集]

英語について…

英語が共通語になった経緯を私は好きになれない。
けれども、実際様々な国の人たちとコミニケーションをとろうと思ったら英語が一番良いのでしょうね。
私は日本語でしか話さないのに日本語のわからない外国人に不思議と通じるという経験をよくしました。
コミニケーションに必要なものは言葉だけではないです。
ただ、言葉以外の要素なら賢ちゃんに充分備わっていると思うので、より上を目指すことは良いことです。
きっと外国の方に囲まれれば英語はすぐに身につくと思うのでがんばってください。

  • 2007/01/27(土) 16:14:03 |
  • URL |
  • む #-
  • [ 編集]

マサ!
it`s been a long time!
How are you doing?
ビックリやわ。
リンクありがとう!
またメールするわ。

  • 2007/01/27(土) 23:11:11 |
  • URL |
  • ケンジ #-
  • [ 編集]

むさん>
書き込みありがとうございます。
実際僕も言葉は通じなくともコミュニケーションはとれると思っています。(今でも)
でもより深く相手のことが知りたかったり、自分のことを知ってもらいたかったりするんですよね。だから言葉って大事だなって思うです。
日本人として誇りをもって日本を、日本語を伝えたいですね。
ありがとうございます。

  • 2007/01/27(土) 23:14:55 |
  • URL |
  • ケンジ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenjiwanlive.blog72.fc2.com/tb.php/48-264b15be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。