古立ケンジofficial Blog ケンジのlivelog

古立ケンジ過去・現在・未来への扉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界と身近が繋がっている瞬間

こういう職業柄、震災直後から行った先々の友人からメールを頂きます。

特にニュージーランドの皆さんとは縁が濃く、私自身も仲間と共に行ったり、またNZの友人たちも日本に来てくれたりと交友関係を深くさせて頂いてます。
またそういった関係を応援してくださる私の太鼓教室の皆さんもたくさんいます。
本当にありがたいことです。
NZ地震時は真っ先にその教室の皆さんが「NZの友達は大丈夫か?」とメールを頂きました。
もちろん今回の東北大震災時もNZから「日本の友達は大丈夫ですか?」とメールを頂きました。

そんな目に見えない絆のやりとりがあったりするんですが、今日、教室の生徒さんからとあるメールを頂きました。

私は見れなかったんですが、NZの和太鼓グループが日本の為に和太鼓のチャリティー演奏をしているとのこと。
演奏者の方が、和太鼓の音が心に響き元気になれる。そして亡くなった方々への鎮魂としてもきっと届いてくれるであろう、というニュース。
そんなニュースで嬉しい持ちになりました。と伝えてくださいました。

遠い国ではあるけれど、現在、色んな共通点・共有できる想いや感情があったりする国、日本とニュージーランド。
私はお互いの国を知っているだけにその国民性や風土・文化などもよく似ていると感じています。
お互いがお互いを想い、励まし合いそして和太鼓や音楽を通じて出会い、楽しみ、笑顔になれればいいなぁと思います。


地震が起きてからの生活も変わりました。
と同時に2週間がたち少しづつ被災地も変わってきたことをニュースで知ります。
私ができることを以前よりもなお一層考えてこれから進んでいきたいと思います。


大阪のライブでは演奏後に募金を募ります。ぜひぜひ楽しいライブに足をお運びください!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenjiwanlive.blog72.fc2.com/tb.php/431-8b9fcf2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。