古立ケンジofficial Blog ケンジのlivelog

古立ケンジ過去・現在・未来への扉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09’NZ日記②

二日目。そいつは僕らが来るのを待っていた。
何千年の時を越えて、はるか彼方に大地が誕生したその日から僕らを待ち続けていたのかも知れない。
自然とは壮大で、美しく、全ての時が止まったかのような空間を映し出す。しかしその瞬間は二度と訪れることのない海や川の様に激しく唸っている。
人間の踏み入れていいところではなかったのかも知れない。
たとえ待っていたとしても・・・。

そのことに気づくのは1時間と経たずに自分のしでかしてしまったことへの後悔とこれから先への不安が脳裏をよぎる。
いつになればそこにたどり着けるのか?否たどり着くのか?さえも想像もつかない未知の体験。今となっては『道の体験』とでも書こうか。
行きかう人々がにこやかな笑顔と共に手を振ってくれるが、私のそれにいっぺんの笑顔はない。
それどころではないのだ。


そろそろいいだろう。二日目の私達は・・・登山しました。(笑)
CIMG1916.jpg
NZについてまずいった先は絶景が待つ登山ですが、まさかこんなに激しい登山と思わなかったので、私は普通の靴(街中を歩くような)を履いたまま登山へ出発。2~3時間「たいしたことないですよ」とは到底思えないような、厳しい現実が待っていました。(ヒーー!)
CIMG1917.jpg
巨大な大木や、岩から染み出る湧き水など色々あって楽しかったです。CIMG1921.jpg
が・・・最初は楽しくおしゃべりしながら♪でしたが、登るにつれて口数も少なく
最終的に「ぜぇ~はぁ~」言ってました。
CIMG1922.jpg
この写真の滝の上に行きましょってな話。滝見るだけならすぐだったんですけどね~。
CIMG1924.jpg
登山途中の茂みから見える絵が皆の心を躍らせ、エネルギーへと変わります。
CIMG1928.jpg
頂上に着いた先にはきれいな小川が。
NZのギラギラした太陽の光が反射し、美しく流れています。
この先には大滝とそしてもう一つ・・・

CIMG1940.jpg
何事にも勝るこの景色は一生忘れることなどできない、美しい景色です。
辛い思いをしたらからこその感動がありました。
ほんとにすごい景色でした。

今思い返せば、この二日目が今回のNZ旅で一番きつかったかも!?

コメント

いつの話や

  • 2009/05/03(日) 01:09:54 |
  • URL |
  • /// #-
  • [ 編集]

Re: タイトルなし

> いつの話や

ケンジ>2月の話です。思い出はいつまでも心に残るものですね。 

  • 2009/05/03(日) 17:27:56 |
  • URL |
  • 古立ケンジ #-
  • [ 編集]

ごめんなさーい

あんなつらい思いをさせてしまい、申し訳なく思っております。筋肉いっぱいついたはるし大丈夫だと思ったんだもん…。今度は2泊3日くらいの山歩きいかがでしょう?テント担いで。

  • 2009/05/04(月) 11:34:38 |
  • URL |
  • ゆ #-
  • [ 編集]

大丈夫です!

> あんなつらい思いをさせてしまい、申し訳なく思っております。筋肉いっぱいついたはるし大丈夫だと思ったんだもん…。今度は2泊3日くらいの山歩きいかがでしょう?テント担いで。

ゆさん>
大丈夫ですよ.ちょっと想像以上だっただけです。
楽しかったですしね。
キャンプは・・・又今度で・・・。

  • 2009/05/04(月) 20:51:25 |
  • URL |
  • 古立ケンジ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenjiwanlive.blog72.fc2.com/tb.php/276-f1edb962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。