古立ケンジofficial Blog ケンジのlivelog

古立ケンジ過去・現在・未来への扉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブinfo

9月に行われるJK茨木の詳細がわかりましたのでUPします。

2008.09.27.SAT
CHARGE:1,000yen
チケットの販売はありません。お越しいただく場合は当日入り口で料金をお支払いいただく形になります


EN-NICHI [ 縁日 ]
秋祭りの縁日をイメージし、音楽、食事、アルコール、ディスプレイ・・・など、JK'sの様々な要素に和のテイストを散りばめます。
「縁日」というタイトルには、昔懐かしのお祭りをシンプルに連想させる意味と、普段のJK'sとは趣向の違うイベントをすることで、新しいお客様との出会い=「縁」、また普段からJK'sを利用してくださっているお客様にも新しい感覚との出会い=「縁」、が生まれる"ハレ"の1日という意味を込めています。

ARTIST(順不同)
Kenji Collection
◯ MENBER
古立ケンジ/和太鼓
川原崎能弘/和太鼓
凛/和太鼓
「音の自由・音の出会い」をコンセプトに、古立ケンジが毎回様々なゲストを巻き込み、その場の即興・アドリブ演奏を中心に展開されるライブ「Meet's Jam」。その「Meet's Jam」で出会った和太鼓奏者3人によるスペシャル・ユニット。

元祖お囃子カントリー ぐんきち
◯ MENBER
宮村群時/バンジョー&うた
桂しん吉/横笛&うた&落語
げんさん/ギター&コーラス

ニッポン・ガールズ
◯ MENBER
今西玲子/琴
加賀丈子/津軽三味線
梶尾瑞穂/津軽三味線
世津/和太鼓
和佳/篠笛・能管
凛/和太鼓

『画』
山本太郎
1974年4月28日生。2000年 京都造形芸術大学美術学科日本画コース卒業。
「日本画」ならぬ「ニッポン画」を提唱し、古典絵画と現代風俗が混合した作品を描く。2007年、若手現代美術作家の登竜門といわれるVOCA2007で大賞のVOCA賞を受賞。2008年には高島屋京都店、新宿店のギャラリーにて巡回個展を開催。 2009年には京都駅内の美術館「えき」にて個展を開催予定。

『茶』
榎本宗恭
12歳から表千家にて茶道を始め、1994年裏千家に入門。
裏千家にて茶名取得後、2005年より京都市西京区花園の稽古場で茶道を教えている。また、雑誌『婦人画報』『和楽』など、茶道にまつわるレイアウトアシスタントや、企業や作家などからの依頼による茶会、茶道ワークショップの開催など、活躍の幅を広げている。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenjiwanlive.blog72.fc2.com/tb.php/212-48cde36a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。