古立ケンジofficial Blog ケンジのlivelog

古立ケンジ過去・現在・未来への扉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国紀行① 

9月20日より中国・上海にて「日中文化観光交流」の文化交流アトラクションとしてヒダノ修一の下様々な太鼓奏者の方と共演してきました。
お天気が心配されたんですが、お構いなし雨・雨・雨の4日間。しかも湿度80%以上という異常な湿気。そこに居るだけで空気がまとわりついてきます。
夕方上海入りし、そのままホテルへ。この日は何もなく着いてから出演者の皆様と一緒に食事へ。

翌日、予定では昼からリハーサルだったのが雨のためスタッフさんが会場スタッフと打ち合わせのため大幅な時間変更があり、結局夕方まで何もなし。せっかくなので街へ出かけました。
行った先は観光客が多く訪れるとこ(場所はなんていうかわかりません)
s-CIMG1002.jpg

s-CIMG1004.jpg

s-CIMG1012.jpg

さすが中国!的な建物が並んでいました。

中国はTVなどで貧困の差が激しい国と言うのは聞いていたんですが
生でみるとより明らかです。
今中国は高度経済成長期らしく、日本にはないような超高層ビルがバンバン建てられてます。
しかもそのデザイン性などは世界でも珍しく変わった形や姿をしたビルが建てられてます。
s-CIMG1057.jpg

なぜこのように高層ビルが建てられているのか?それはまず中国北京で来年行なわれる「北京オリンピック」と2010年に行なわれる「上海万博」が大きく関係しています。
中国はこの二つの世界的大イベントに向けて道路の補正・各国から訪れる観光客を相手に経済成長を遂げようよしているそうです。
日本で一時期鉄だのステンレルだのが盗まれる事件がありましたが、中国に密輸されていると言うのもあながち嘘ではなさそうな、そんな様子がとれました。
しかし高層ビルが建設しているその足元には未だにその日1日を暮らしていくことが精一杯な人たちがたくさんいました。
何だか異様な光景ですよ。高級住宅ビルの隣がスラム街みたいな感じです。
s-CIMG1055.jpg


s-CIMG1056.jpg

地震のない国なので(らしいです。お隣なのに)日本には考えられないような場所にも建てられていきます。
アメリカでも同じような感覚を感じたのを覚えていますが、その場その場のみでの対応の仕方や未来性のない建設物・誇示だけで造る無駄な環境汚染など様々なことが脳裏をよぎりました。
この国はどうなるんだろう?いや、どうして行きたいんだろう?
                              続く

コメント

おぉーあたしも中国行ってみたいよー☆

  • 2007/10/01(月) 15:40:18 |
  • URL |
  • まや #-
  • [ 編集]

いいよー!

まや久しぶりー!
元気かい?NYも良かったけど中国も中々いいとこよ。物価安ーい!!しね。

  • 2007/10/01(月) 20:44:59 |
  • URL |
  • kenji #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenjiwanlive.blog72.fc2.com/tb.php/111-c799cd42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。