古立ケンジofficial Blog ケンジのlivelog

古立ケンジ過去・現在・未来への扉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛の日々 その②

9月2日にお誘いを受けていたコンサートを見に、浜松に行ってきました。
当初はコンサートだけの予定でしたが、浜松には「楽器博物館」なるものがあると言うことで調べてみるとあるじゃないですか!しかもコンサート会場の目と鼻の先!と言う事で、少し早めに名古屋を出発し浜松へgo!
この楽器博物館ですが、最初は「そんなに楽器も置いてないんじゃないの?」なんてかる~い気持ちだったんですが、私の間違いでした。
世界中のありとあらゆる楽器がここにはめちゃめちゃあります。
200709031545000.jpg

まず最初に目に付くのが、入っていきなり黄金色に輝く金属類と赤を主体とした民族色豊かな模様の「ガムラン」です。
これだけパーフェクトに展示してあるのも中々ないですよ。

もちろん日本の楽器もあります。太鼓だけではなく、箏・三味線・尺八・雅楽楽器などなど。
200709031608000.jpg


館内は2階建ての建物になっていて地下にはアフリカ系・ヨーロッパ系の民族楽器が展示されていました。
s-200709031654000.jpg

色々書きたいんですが、書き出すときりがないので、ぜひ行って生で見てください。大興奮します。(鼻息フガー!)

さて、コンサートですが、今話題の「レ・フレール」と言う兄弟ピアノデュオのコンサートを見に行ってきました。今TVなどのメディアにも引っ張りだこの兄弟です。
内容も面白く今までの彼らの想いがよくわかる、心温まるコンサートでした。今回は二人だけ(特別ゲストはいましたが)だったんですが、今後レ・フレバンド的なバックを固めるミュージシャンが揃えば、それはそれでまたおもしろいんじゃないかと思いました。

追伸:久しぶりにコンサートを見たんですが、やっぱコンサート・ライブは生で見ないとと思いましたね。特にライブハウスばかりではなく時には高い金額を払ってでもホールコンサートでの超有名なアーティストの方々の生のコンサートも見ないとなと感じました。色々また考えちゃいましたね。

コメント

あそこは

鼻息フガーですよねー
また行きたいっっ

  • 2007/09/07(金) 06:24:22 |
  • URL |
  • 鍋や #-
  • [ 編集]

何度でも・・・

鍋やさん>
ほんとそうですよね。僕ももう一回行きたいですね。楽器好き、音楽好きにはたまんないですよ。居ようと思えば結構長い時間居れますよね。

  • 2007/09/07(金) 09:29:40 |
  • URL |
  • kenji #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kenjiwanlive.blog72.fc2.com/tb.php/102-59efdcc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。