古立ケンジofficial Blog ケンジのlivelog

古立ケンジ過去・現在・未来への扉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

充実という名の幸福

月日が経つのは早いものでもう5月も末になりました。
今日から4日間ほど名古屋でお仕事です。
ぎゅんぎゅんなスケジュールと東京~名古屋~大阪~京都~名古屋~東京とハードな移動距離に今からわくわくしています。この移動もちろん車です。

秒針が時を刻一刻と刻む中で、頭と体と心を使って仕事をしているときの幸福感勝るものはない。
これがさらに自分の進むべき線路の上のことであれば尚更だ。

というわけでライブinfoです。

ダンス白州2008
荒木志水(ソロダンス)×古立ケンジ(和太鼓&パーカッション)
パフォーマンス開催期間:8月9~17日(期間中の一日に参加)
詳細わかり次第UPします
面白くなりそうです。





スポンサーサイト

Memory of Reach

世界に名を馳せる山内利一氏のおちゃめショットばかりを集めてみました。

こんな利一さんは見たことがない!!というお宝画像ばかりです。
こんなことでもない限り、世に出ることはありません!!

お楽しみください!!!!!


画像 040

NZ二日目の三味線ライブでのリハ風景です。
すごく真剣です。


画像 043

二人で着物をきて街を闊歩しました。
お店の名前はその名も「神戸」!純日本風ですね。


画像 140

太鼓フェスの昼食です。各太鼓グループが持ち寄りで食事を用意しくれました。
りいちさん・・・!?


画像 147

僕のブログ用に写真をとった場所です。利一さんもブログ用!?
人間自然の前ではありのままの姿になるんでしょうね・・・。


画像 241

街中にあるダストボックスはおしゃれですね。デザインの種類もいくつかありました。
この人もダストボックス入れたろか。(うそ。そんなことできません)


画像 248

NZの名物のジェットボートのユニホームです。
利一さんおおはしゃぎです。
川に落ちてしまえ!(うそです。そんなこと思ってません)


画像 272

学校公演前の一息です。
学生がちょうど帰るとこだったんですが、変な目で見られてましたね。
これは僕も同じような格好してたので言えません。

いや~、さすが利一氏です。
見ているだけで楽しいですね。
そんな利一氏の最後のとっておき画像です。
画像 264

二人で楽しくお・ふ・ろ。

また来年行きましょう!

Memory of NZ part7

東京への引っ越しも・活動もだいぶ落ち着いてきましたので、NZでの日記です。
前回からお忘れの方はカテゴリーからNZ日記を!

さて、北島を一時離れワイへケ島へ行きました。
ワイへケ島は白ワインで有名な島だそうです。もちろんここでもワイン漬け。

ワイへケ島では利一さんのお知り合いのゆきさんと旦那さん。それに子供のアシュリーとドミニク。さらにゆきさんの弟ではなく!(コメント参照)、7つも年の離れた兄のたかどんがいます。
画像 319

一緒にライブをしたのはゆきさんと地元ヴァイオリニストの「ダナ」ちゃんと4人で競演です。
画像 313

地元の皆さんの協力もあって無事に終えることができました。
終わったあとはもちろんワインで打ち上げです。たかどんは少し前まで日本にいて元ミスタードーナツの店員。しかも元々アルバイトなのに社員を経て店長になっちゃったという実績!しかも不思議なことに私も利一氏もミスド経験ありというミスド通!ミスドのことで大盛り上がり!むちゃむちゃ笑いました。
ワイへケ島にも日本人の方がいらしたんですが、驚くことにもうNZにきて30年以上という方々ばかり。普段英語で話しているので、日本人同士で、お互い日本語わかるのに英語で話してました。僕らにもたまに振られるんですが、「えっ!?なんですか?」って感じでした。

滞在は2泊3日くらい?だったかな。とても良いところです。海がきれいで、世界のセレブの別荘もいくつかあるそうです。納得できる環境です。
画像 300


最終日は太鼓フェスで知り合った「魂」(たましい)の皆さんにお世話になりました。
ちょうどみんなでBBQの予定だったらしく混ぜていただいたんですが・・・やっぱり皆さん太鼓好きなんですね~。海の近くにも関わらず太鼓を持ってきてみんなで一緒に打ち合い。ほんと楽しかったです。
画像 336
                               画像 346


海外経験の少ない僕には今回のNZでの滞在で本当に素晴らしい方々と出会うことができました。
言葉では言い表せられないくらいの「ありがとうございます」を言いたいです。またNZの良いところもたくさん経験・体験させていただきました。
もちろん今でも交流させてもらい連絡を取り合ったりしています。
すでに来年のNZに向けて動いています。ぜひまた行きたいですね。いや行きますね、きっと!
NZの皆さんまた来年お会いしましょう!!また一緒に太鼓を打ちましょう!
Relax!Enjoy!!and・・・!!!!!!
このキーワードはまた来年ね!

男の料理とシリーズの理由

さて、男の料理シリーズです。
とその前に何で急に日記に料理がでてきたんや!?と不思議な方いらしたかもしれません。
ここでようやく説明です。
もうみなさん私が東京に来ているのはご存知かと思います。
実は東京は一人暮らしではないんです。
そう二人暮らしなんです
ええっまさかついに私にも春がっ
GWも過ぎ、桜前線も日本列島過ぎ去ったこの時期の古立ケンジに遅咲きの春が来たかっ!?
おめでとうっ





いえ、期待させてごめんなさい。
春は来てないです。むしろ今回の二人暮らしで春は遠ざかりました

実は私の師匠と二人暮らしです。
二人暮らしといっても僕が勝手に転がり込んできたようなものです
しかしそんな師匠と二人暮らしなので内弟子という古典においてそういう立場になります。
内弟子である以上師匠のお世話をしなければいけません
ということで少し前から料理をやりだしました。
もともと料理も好きでしたし、やっぱ作る以上はおもてなしというか、喜んでもらえる料理を作りたいじゃないですか !?ってなわけで、男の料理です。

今日は先日いろんな人から反響が大きかったカレーです(またかい)
いえいえ、今回はナスのカレーです。
前回とある方からコメントを頂きナスのカレーがおいしいよと聞いてその時からナスの味が口の中をぐるぐる回っていたので作りました。
別の方からも「マギーブイヨン」も入れたらおいしいと聞いたので入れました。
そして今回から二人ということでバランスよく(良いのかどうかわかりませんが)サラダとちょっとしたつまみ2品も作りました。
カレーはいつもどおりです。
入れた具材はナス・えのき・にんじん・ジャガイモ・たまねぎ・お肉です。
まず中央のサラダですが千切りたまねぎにお豆腐を適当にきり上からじゃことふりかけをかけてお酢を少しかけてお好みでドレッシングorマヨネーズでいただきます。
上はトマトですね。これも適当に切ったものにオリーブオイルと塩(岩塩)コショウ少しかけたシンプルな味付け。
一番下はたこときゅうりのです。
味付けはしょうゆと塩とラー油で少し中華風にしたものです。
いかがでしょう?
さぁ!食べてみてよっ!!(ミスター味っ子風)←わかるかな?
ちなみに師匠はたこときゅうりがお気に召したようでした。酒の肴!?
2008050720250000.jpg

動き出す何か。

東京という街は甘い香り漂うきれいに輝くシャンパンのようなもので、泡立ちが人々を生み希望や夢や目標という名の無数の気泡がいつの間にかはじけてなくなっていく。
見た目はきれいで美しく多くの人が気泡を持っているけれどいつの間にか消えてなくなる。
一つ一つの気泡は左右に揺れ動きながら独りもがき苦しんでいるかのよう。
僕は決して一人ではないけれど、この小さな街に一体何万の無重力者がいるんだろう。
今まで何度も来たことのある街なのにこの街よりも大きな街に行ったことがあるはずなのに、不思議な何かが僕の胸の中を吹き抜けていく。今までにない感覚が心で掴むことのできる何かが、何かがこの街にはあります。不思議です。なんだろう。

僕は元気です。なんとかやってます。
毎日を生きている感覚を感じながら歩いています。
そう自分に問いかけながら走っています。

東京に来てから僕にもひとつの気泡、「夢」ができました。
この気泡をきれいにはじき、叶えたいと思います。
今は今はまだ言えませんが、おおっきな気泡です。

僕は毎日が楽しいです。

TOKYO 東京

東京に来ました。
お世話になった名古屋には8年間いたので私にとって第2の故郷といっても過言ではないくらいの場所になりました。
色々な複雑な想いはありますが、止まっている風は風ではなく、常に吹いているからこそ風であるように僕も留まれない性格のようです。
愛知の皆さんまたお会いできる時を見ててください。
そして東京のみなさん、これからよろしくお願いします。
何かと出没するかと思いますが、どうか暖かな目で見てやってください。

これから始まる新生活。
わくわくとドキドキがいっぱいの東京で何か残せるようにがんばります。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。