古立ケンジofficial Blog ケンジのlivelog

古立ケンジ過去・現在・未来への扉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タジヤンラジヤン&ケジャ~ン

名古屋3daysを終えたところですが、このメンバーで関西3daysが決定!
10月12日(金) 弁天町 吟遊詩人
http://sound.jp/soundbar/

13日(土) 神戸花隈 ギャラリー

14日(日) 茨木JK
http://www6.ocn.ne.jp/~jkibarak/ibaraki/
21:00~23:00(休憩有り) チケット:カンパ制

特に今回は私の地元である茨木でのライブは非常に楽しみ!
ダラブッカーズが参上!?
詳細決まり次第upしていきますのでお楽しみに!
スポンサーサイト

リンク追加

ブログリンク欄に「R3 tap dance studio」を追加しました。
名古屋でも屈指のタップダンサー市川ミサオ率いるタップグループです。

音遊び・手遊び・足遊び

名古屋でも屈指のTAPスタジオ「R3」さんのスタジオに遊びに行ってきました。
もちろん打ち合わせです。しっかし打ち合わせっていうか、すごいことになりました。私は太鼓を「打ち」ダンサーは足を「踏み」まさに「打ち踏み合わせ」の2時間半。しかもこっちは1人でダンサー5人~6人。かっなわねぇ~。でも色々なリズムやTAP話しなど貴重な話しが聞けましたよ。
太鼓とTAPダンスの垣根を取り除いて良い音楽・パフォーマンスをこの2ヶ月で創り上げないとね。
んん~、昨日の感じではいいもんできそうよん。
終わってからはダンサーの皆さんが私の持ってきた楽器類をジャンジャカ鳴らしてました。みんな楽しそう。やっぱノリがいいわ。
200709161811000.jpg

怒涛の日々 その④完結。

名古屋3days無事終えることができました。
ご来場くださいましたお客様本当にありがとうございました。

いや~、ほんとに面白かった。
3会場とも違う感じが、なんともいえない緊張感と、タジヤンラジヤンのゆる~いパンがちょうど良い心地よいサウンドを奏でてましたよ。面白かったです。

個人的にはやはり2日目のスティールパン&和太鼓を楽しんじゃいましたね。20070914153700.jpg

太鼓の圧倒的ボリュームに対してナイーブなパンがどんな相乗効果をもたらして、音楽が奏でられるのか!?
自分的にも楽しみでやってる最中に色々聞かせてもらいましたよ。
これは次回のライブに活かせれる!!なんてことをね。
200709081941000.jpg

しかも今回たまたま3人ともダラブッカ(トルコの太鼓です)を持っていたので、2日目昼にお遊びでやりだした「ダラブッカーズ」がやってくごとに遊びとクオリティーが増していくのを感じれましたね。(おバカなことしてるな~)
20070908205105.jpg

F1000003.jpg

↑これちょっとかっこよくね?(33さんありがとう)

現在関西方面でタジヤンラジヤン&ケジャ~ンのライブを企画中です。
詳細わかり次第upしていきます!

ライブinfo

古立ケンジProduce
Meet's Jam vol,7 ~手と足のパーカッションライブ~
11月16日(金)
TOKUZO(今池)
前売り¥2500  当日¥2800
出演:古立ケンジ(和太鼓)
   山内利一(パーカッション)
   R3タップダンサーズ(タップ)
open18:00 start19:00
チケットは10月1日前売り開始
お問い合わせはメールオーダーにて
kenjiwan@mx15.freecom.ne.jp

今回は名古屋でも屈指のタップダンサー市川ミサオ率いるR3のタップダンサーと和太鼓でガッツリ組みます!
さらに京都祭衆の音楽監督で私の最愛の人!?山内利一さんにも協力を仰ぎ、音楽的にもパフォーマンス的にも熱いものに仕上げていきます。空気から地面から伝わる大地のリズムは必見!ぜひ聴きにきてください!!

怒涛の日々 その③

さて、レフレを見た翌日はリハーサルのため石川県は松任にあります、日本最大の太鼓楽器店と言っても過言ではない浅野太鼓楽器店へ2泊3日で行ってきました。
目的は先日より話している中国での演奏のリハーサルです。
浅野太鼓さんへはもうかれこれ2~3年ぶりですね。
ショールームも変わったと言うことも聞いていたので楽しみにして行きました。
もちろん当初の予定であるリハーサルもちゃんとこなしてきましたよ
何と言っても今回はヒダノ修一が召集する太鼓界に置いては一目置かれる方々ばかりですので僕も非常に楽しみでした。名前はお聞きしたことがあるとか映像では見たことあるよう方々ばかりで、ほとんどの方がお会いするのが初めでした。
リハーサルはというと・・・、皆さんすごいです。もう流石この世界で一目置かれる立場の方々ですね。半端なかったですよ。
こりゃ負けてられんわ、という気持ちにさせられましたね。
いや~本番が楽しみです。

こんなことを書かないといけないのがあほらしいですが・・・。

最近他人に対して礼儀にかけるコメントが書き込みされますのでプロフィール欄に下記のお知らせを追加しました。

~コメントのご利用に当たってのお願い~
このブログは、古立ケンジのライブ活動やみなさんのご意見やご要望をうかがったりするためのブログです。
そのため、「社会的常識から見て礼儀に欠ける発言」は全て削除させていただきます。
個人的にご意見・ご感想がある場合はコメント欄に「管理者にだけ表示を許可する 」がございますので、そちらにチェックし、送信してください。
皆様が楽しめるブログ作りをよろしくお願い致します

このようなことを載せなければいけない事自体があほらしいですが、載せなければ乱筆されそうなので付け足しました。
読んで頂いている反応なのでしょうが、もう少し楽しく読んで頂ければと思う反面、私自身もネット社会においてのブログと言うツールを使って無差別に読んでいただくことに対してもう少し配慮していこう思います。

怒涛の日々 その②

9月2日にお誘いを受けていたコンサートを見に、浜松に行ってきました。
当初はコンサートだけの予定でしたが、浜松には「楽器博物館」なるものがあると言うことで調べてみるとあるじゃないですか!しかもコンサート会場の目と鼻の先!と言う事で、少し早めに名古屋を出発し浜松へgo!
この楽器博物館ですが、最初は「そんなに楽器も置いてないんじゃないの?」なんてかる~い気持ちだったんですが、私の間違いでした。
世界中のありとあらゆる楽器がここにはめちゃめちゃあります。
200709031545000.jpg

まず最初に目に付くのが、入っていきなり黄金色に輝く金属類と赤を主体とした民族色豊かな模様の「ガムラン」です。
これだけパーフェクトに展示してあるのも中々ないですよ。

もちろん日本の楽器もあります。太鼓だけではなく、箏・三味線・尺八・雅楽楽器などなど。
200709031608000.jpg


館内は2階建ての建物になっていて地下にはアフリカ系・ヨーロッパ系の民族楽器が展示されていました。
s-200709031654000.jpg

色々書きたいんですが、書き出すときりがないので、ぜひ行って生で見てください。大興奮します。(鼻息フガー!)

さて、コンサートですが、今話題の「レ・フレール」と言う兄弟ピアノデュオのコンサートを見に行ってきました。今TVなどのメディアにも引っ張りだこの兄弟です。
内容も面白く今までの彼らの想いがよくわかる、心温まるコンサートでした。今回は二人だけ(特別ゲストはいましたが)だったんですが、今後レ・フレバンド的なバックを固めるミュージシャンが揃えば、それはそれでまたおもしろいんじゃないかと思いました。

追伸:久しぶりにコンサートを見たんですが、やっぱコンサート・ライブは生で見ないとと思いましたね。特にライブハウスばかりではなく時には高い金額を払ってでもホールコンサートでの超有名なアーティストの方々の生のコンサートも見ないとなと感じました。色々また考えちゃいましたね。

怒涛の日々 その①

8月31日
DM完成と同時に発送作業のためPCと睨めっこ。
最悪だぁ~、DM住所録が開けん!なぜどぅわー!!
PCと格闘の末、ようやく解決でき、印刷し始めたのがam4時ごろ。(既に9月1日)とりあえず完成。寝ずにそのまま零ライブ会場へ出発。am7時半
9月1日
8時半に会場に到着し、この日は1日零ライブに付っきり。
零ライブの話しはまた後で。
夜打ち上げ・・・2次会三浦邸へ行き3時まで飲む。(既に9月2日)
9月2日
朝10時過ぎスティールパンの村治さんと合わせの為神戸へ
3時神戸着
23時まで合わせ
25時茨木のライブ兼バーへ行きライブ交渉。(既に9月3日)
25時半名古屋向けて出発
朝4時家に到着
風呂に入ったりと雑用
就寝朝7時
9月3日11時起床
以前よりお誘いを受けていたコンサートを見に浜松へgo!

と言った結構ハードなスケジュール組んでしまいました。
明日(4日)から中国リハーサルのため石川県は浅野太鼓店へ行きます。
でも譜面届いたん3日前。5曲も覚えられるかと思いつつ今、最後の悪あがきしてます。
眠いのでとりあえず少し寝て、明日(4日、既に4日ですが)朝一に出発します。今回は電車の旅なので気分的には楽!?かな。

零ライブにお越しくださいました皆様ありがとうございました。
彼らのHP掲示板の書き込み量が、ライブが良かったものなんだと感じさせてくださいます。またちゃんとライブ日誌を書きますが、ぜひ彼らに一言言ってあげてください、お疲れ様と。(俺も疲れた。)

零HPアドレス
http://www.geocities.jp/miurataiko6daime/index.html

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。