古立ケンジofficial Blog ケンジのlivelog

古立ケンジ過去・現在・未来への扉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

winds cafe 122 in 三軒茶屋

winds cafe 122 in 三軒茶屋
「映像と音錬金術としてのゃ蓋然性」
約1ヶ月前に東京の師匠・仙堂師匠に呼ばれて参加させていただいたライブの写真が届いたので数枚upしたいと思います。

まず会場
「打ちっぱなし」という最近流行の住宅がありますが、まさにそんな感じ。でも外壁が白に統一され、1箇所だけガラス張りになっているところがあり、そこから日の光が差し込むというなんとも幻想的な空間でした。音の周りもよく倍音が心地良いところでした。
20070322153146.jpg


久しぶりの仙堂師匠とのライブは刺激的なものでした。
20070322154350.jpg


現在師匠には住み込みで「吉田光太郎」君が弟子として一緒に住んでいますが、光太郎君も3ヶ月とは思えない鼓の音を披露してくれました。
顔だけで言えばかなり一流な顔をしてます。
20070322154500.jpg



今回鍵盤打楽器としてキーボードそして映像を提供してくださった柳下さんです。その世界では有名で数々の賞を受賞している方なんです。
勉強させていただきました。
20070322154719.jpg


だいぶ前の日記ですが、この時のライブは映像に音をつけるという今までにない経験の演奏でした。自分の中でも新しい何かを派遣できるライブでしたので鮮明に覚えています。
20070322155326.jpg


このようなライブに参加させていただけて本当に光栄で楽しい、刺激的なライブでした。
スポンサーサイト

MEET’S JAM vol,5 ~truth myself~

さて、先日のライブ「MEET’S JAM vol,5」の模様をご来場いただけなかった方、もう一度見たいという方のために少し写真と中身をご紹介!

M1 Go to World (ケンジ・利一・由良・理絵)
M2 The future of trio♯1 (ケンジ・利一・由良)
M3 Revolution (ケンジ・利一・由良・理絵)
M4 海月 (ケンジ・利一・由良・理絵)
M5 牛獅子 (ケンジ・利一・由良)
M6 オレカマ (ケンジ・仙波・利一・タージマ)
M7 The future of trio♯2 (ケンジ・仙波・利一)
M8 さあ行こう。 (ケンジ・仙波・香織)
M9 暁月夜 (ケンジ・仙波・香織)
M10 悲しみに踊る女 (ケンジ・仙波・香織)
M11 The future of trio♯3 (ケンジ・仙波・香織・タージマ)
M12 Go to World (フルキャスト)

~アンコール#1~ (ケンジ・利一・由良・理絵)
彼方まで。(アンコール#2) (ケンジ・仙波・香織)

本番のプログラムでした。
12曲も作るとは!この話を持っていったときに利一さんが「CDやん!」と言った時のことを思い出しました。
ほんとCD並みのボリュームですね。

さて、本番前のセッティングです。
続々と楽器が搬入・セッティングされていきます。
その多さに自分でもビツクリ!
nasi.jpg


リハーサルです。
本番初めてフルメンバーがそろいました。
頭の中で思い描いていた曲が初めて「音」という形になります。
20070319165507.jpg


さあ行って来ます。緊張のピークの瞬間。
mae.jpg


この後は皆さんもご存知のとおりです。


今回ライブに携わって下さったスタッフの皆様・遠方よりライブの大成功を祈ってくださった皆様・何より寒い中足を運んでくださったお客様、本当にありがとうございました。
アメリカより帰ってきたらまたライブしますのでその時またお会いしましょう!
また一段とパワーアップし、ご機嫌なTAIKO音楽を皆様にお届けできる日を楽しみにしております。
次回はメガネ!?

新たな世界へ

 たくさんの方から明日に迫ったライブの激励メールをいただきき、本当にありがとうございます。 感謝です。
 ソロ初のホールライブというのはそんなに簡単なものではなく、現在・過去・未来全てにおいてたった1度しかない経験です。本当に楽しみです。
 ただ一つ訂正したいことがあります。

 今回のライブ僕にとっては初のホールライブですが、僕はあまりホールライブにこだわってはいません。むしろ今回のライブは1通過点に過ぎないと思っています。これから起こるであろう様々なライブのまずは一つ目の階段であると思っています。もちろんそれが僕にとっても、そして僕を応援してくださるにとっても喜んでいただけるようなものを創っていますが、決して今までのライブが遊びや生半可な気持ちでは創っていません。むしろ今まで60~100規模の小スペースなライブハウスでやってきたことの成果だと思っています。
 今までと同じ。全て出せるものを出したいと思っています。

 お越しくださる皆様には先に言ってしまいますが、僕は「今までの自分を壊すことにより、また新しい成長を遂げることができる」と思っています。
 自分を壊すことは中々できませんし、勇気のいることです。
でも新たな経験・成長をすることをやめてしまった時、そこに何が残るのか?自分が残してきた足跡がどういったものなのか?それを心に刻み残したい。そう僕は思っています。
 そして、こんな僕を応援してくださるファンの皆様に最高にご機嫌な音楽と空間・すばらしい一時を感じてもらいたい。そのためには色々な経験・成長を遂げなければならない、と僕自身感じています。


この16日のライブが終わった半月後、僕はアメリカ・ニューヨークに2ヶ月間行って来ます。短い期間ではありますが、僕のTAIKO音楽が日本人ではない人にどういった形で受け取られるのか?また音楽発祥の地ニューヨークでどんな音楽・文化が生まれているのかこの目で・この体で全身で感じ、受け止めてきたいと思います。
 2ヵ月後に帰ってきた僕は今の僕でも想像が付きません。一体どうなって帰ってくるのか?変わるのか?変わらないのか?
 しかし新しい古立ケンジのTAIKO音楽を自分自身で創り上げたい。古立ケンジというオリジナルを!そういう思いで今度のライブ、そしてアメリカへは行きたいと思います

僕のTAIKO音楽の旅はまだ始まったばかりです。

内部情報

今度の16日に行われるライブの詳細を少し。
内容は僕がソロのなってからからもしくはソロライブで行った曲をリメイクします。
MEET’S JAM1で行った曲や(ふるっ!)
メガネライブで行った曲などもリメイクします。
もちろんオリジナルの「オレカマ」やりますよ~!
編成は1ドラム2太鼓セットでもう、ドッカドカのバッキバキ!?(←何が折れた!?)にやります。
太鼓打ちっぱなしやバイオリンとのラテンテイストな曲もあります。
全12曲を書き下ろし、皆様のご来場をお待ちいたしております。

info

名古屋地下鉄ガイド・春号に「MEET’S JAM live」の情報が写真入で掲載されました。
各駅に無料配布ですので名古屋の地下鉄をご利用のお客様はぜひどうぞ!

打ち合わせ。

昨日会館打ち合わせ兼音響・照明さんと打ち合わせを行ってきました。
今までは舞台監督さんといわれるスタッフがやってくれていたんですが、初めてこういうことをするので非常に新鮮!
やはり知らない世界を体験するのは自分にとっても良い経験になります。

会館に伺い舞台を見ながら「ここにこれおいて・・・」などイメージを作ります

近くのコメダに行き、今までのリハの音源と事前にお渡しした舞台図面とを合わせてイメージで進行を説明。
「ここのマイクはどうする?」
「ここの照明はこんな感じでお願いします」
など質問と要望の説明を・・・。

今からどんな音・光が生まれるのか楽しみ!
私もこの半月体の絞り込みを行い、ソフトマッチョに!?
あと一週間ちょっと、ライブ最終工程に入りまーす。

月に反応。

な~んか調子でんなぁ~。
朝から体がおかしいぃんですわ。
ライブ直前でまさかの緊張!まっ、それもいいかも。程よい緊張が本番には研ぎ澄まされたグルーヴを生み出すこともある。
今月から全ての仕事をキャンセルしライブの最終工程に入ってます。
準備万端、アゲアゲでテンション上げていきまっせぇ~。

と思っていたら、皆さん外見てみ。すんごい満月。
もしかしてこれ!!
今日の朝から調子でんのはこれのせいだったのね!!
いや~、見事な月だわ。きれいだ。
写メできないのが残念、ぜひ生で見て。

info

文字だけですが、MEET`S JAM vol,5の記事が豊田のフリーぺーパー「COA」掲載されてます。

横浜に行ってきました。

先日仙堂師匠からのお仕事で無声映画に音楽をつけるというライブに呼んでいただき、2月は東京に3回も行ってきました。しかも全て車で。ちょっちハードでした。
ライブのご報告はいずれライブ写真が出来上がり次第ご報告したいと思います。

まず、
前日京都で合わせリハがあり、終わったのが夜の7時。京都で食事をし、東京に向けて出発。途中愛知の豊田で理絵ちゃんを降ろし(合わせリハはライブの太鼓組のでした)さあ、行くぞ!の時の時間はすでに11時。リハでかなり疲れていたものの明日の本番もあるのでなるべく早くつこうと思い運転。途中眠い目を擦りながらも東京に着いたのは朝方5時師匠の家に着いたときには軽くハイテンションになってました。

明け方の東京・朝がまた来るんですよね。
asagata.jpg


6時ごろ布団に入り(師匠の家には私が通販で購入した布団が常においてあり東京に行ったときは宿泊させてもらってます)9時ごろ起床。準備をしライブ会場へ。此処から先はまた後日。

さて、翌日知り合いの太鼓奏者の方のライブを見に横浜に行ってきました。
横浜は前のグループで言ったことがありましたが、俳諧とまではいかず、ホテルの周辺を歩くくらいでした。行って来たところは「みなとみらい」です。
横浜いいですね。開発が進みながらも横浜らしさが町中にあふれてました。

ランドマークタワー
tawa-.jpg


国際展示場
yokohama.jpg


観覧車もありました。
kannrannsya.jpg


太陽がまぶしく、風が爽やかに吹き、帰りはのんびり帰ってきました。
さて、またライブまでがんばルンバ!!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。