古立ケンジofficial Blog ケンジのlivelog

古立ケンジ過去・現在・未来への扉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち合わせ?

さて、ライブ依存症にかかっている場合ではない。
やらなければいけないことが山済みです。見えない書類がデスクの上を占拠しているがとりあえず、京都に行ってきました

もちろん3月ライブの譜面や進行、舞台図面などの打ち合わせです。
写真は利一君。
200701301557000.jpg


さてさて、楽曲作りが見事に予定通り進んでいる中、チケットが伸び悩んでいる。
いかん!宣伝・営業が足りん!
ちゅうことで電話かけ。貸しスタジオなどにチラシの配布のお願いと今後の予定を決め、いろんなところに歩いてお願いしにいかねば。
こういうときに前に所属していた時のノウハウが生かされる。
ありがたい。

しっかしmyPCがお眠りなため今は別のPCを使っての作業。
すこぶる快調なのだが、今までのデータなりソフトが入っているため、いちいち起動させたりなんやかんやしないといけないのはかなり面倒だ。
さっさと新しいのを買わねばと思っていた矢先、別の出費が出てくるんだよなぁ。
ううぅ~耐え時だ。
スポンサーサイト

来ました!

12月のメガネライブ以来ライブに飢えています。
というのも今月ずっとtruthライブに向けてデスクワークをしてきました。
フライヤー作りから楽曲・舞台構成・進行などなど。まだ少し残っていますが来月からやっとスタジオワークに入ります。

今回東京グループと京都グループに分かれていますので、私があっち行ったりこっち行ったりと今月は移動が大変です。
その間の営業もかねていろんな人にあったり、手紙書いたりとしております。

少しライブの話
今回のライブ、久しぶりにバイオリンの方に入っていただくので、昔やった曲なんかも引っ張り出しております。
あとメガネライブでも行った「オレカマ」はやります。
編成を変えてバッチリやります。
ソロになってから作った曲もガッツリやりますんでお楽しみに!

現代社会で生き抜くための要素

昨今の現代社会は様々な情報が行き交い、電波が空を蔽い、人々が世話しなく歩いている。

そんな社会に和太鼓というジャンル(職種)で生き抜くには、才能・努力・知識・技術・その他色々必要である。

しかし和太鼓に限らず現代で生き抜くには私は3つの条件がそろっていればなんとかやっていけるのではないかと思っている。

まず1つ目
手に職
これは仕事であればなんでもいい。とにかく自分にしかできないことをやる。身につけること。

2つ目
パソコン
様々な情報がやり取りしあう中で頭もアナログとデジタルの両方を身につけないと損をします。これだけネットワーク社会になっているのだからこれを活用しないともったいない。
ちなみに私はメールのやり取りもしますが、手紙もなるべく書きます。それぞれの地に行った時には地元の切手を買います。その買った切手を使って手紙を書くんです。この人にはどの切手を使おうか、と楽しんでいます。
あと譜面も手書きです。

3つ目
英語「english」
音楽に国境はない!まさにそのとおり。しかし言語に隔たりはある。
あるCMで「日本人独特の間がある。これを伝えたい」というキャッチフレーズがある。まさにキャッチされた一人です。
コミュニケーションをとりたいと思えば当然の選択肢だと思います。
以前所属していたGONNAのプロデューサーであるネコ氏の言葉で「音楽における譜面と言うのは共通語みたいなものだ」という言葉をよく口にしておりましたが、まさに言葉(言語)の共通語が英語です。国際的にも共通語として認識されていますね。
私は音楽で自分を、そして自分を英語で表現したい。
そう思い、ただいま英語の勉強中です。

以上が私が思う、現代社会で生き抜くための3つの要素です。

久しぶりにガッツリ書いたなぁ~。

リンク

リンク欄に仙堂師匠をupしました。

カットアウト!

うちのPCの調子が悪い。最悪な状況・・・。今までにないくらい音うるさいし、挙句の果てには勝手にカットアウト!(シャットダウン)
音楽なら「お前の音楽にはついていけねえよ!!」くらいの勢いで落ちます。
そろそろ買い替え時かなぁ~、などと思っておる今日この頃。
と言うことで落ちます。

イベントinfo

1月のイベントinfo

9日(火)三重県清和小学校始業式

27日(土)名古屋市内イベント出演

31日(水)FM岡崎 ファンファンミュージック生出演
           19:00~19:30
          
詳細希望の方はメールにて!

初映画

07年初の映画を見てきました。
前々から注目していた「硫黄島からの手紙」です。
「星条旗」のほうは見れなかったんですが、・・・ほんと戦争ってなんだろうと改めて考えさせられる映画でした。
「プライベートライアン」以来の戦争ものの映画でしたが、今アメリカとイラクのことや北朝鮮のことなどもふまえて本当に考えてほしい、この無力な、無謀な争いを!
ぜひみてほしい、この映画「硫黄島からの手紙」

あけおめ~!

ようこそ2007年さん、今年1年よろしくでっす!とうことで皆様2007年になりましたね。
今年は私事ではありますが、経験・スキルアップ、そして飛躍の年として太鼓に音楽に取り組んで行きたいと思います。
皆々様もそれぞれ目標・誓いなどあるかと思いますが、あきらめずがんばっていきましょう!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。