古立ケンジofficial Blog ケンジのlivelog

古立ケンジ過去・現在・未来への扉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年のことですが今年のことです。あ~んど、もっと先のこと。

先の話ですが、来年のライブのことを考えています。

ちょっと大きな仕事のために今年から動き出さなければいけない新案が自分の中にあり、それをどう具現化して行こうかと思案・模索中です。
年末には一発やりたいなと思っています。

しかし、来年のお話とはいえ今年から動き出さなければならない新案。ちょっち出遅れてしやいやした。
何とかここから巻き返しを~と思いつつ、現在進行形のライブも詰めていかんと。
待ってくれている人がたくさんいらっしゃいますので、その方々にも期待を裏切らないようにせんとね。

ギア3に入れてここからトップまでもっていくよん。

あ~~んど、実は今日Happy Birthdayです。
たくさんの方にお祝いメール頂きありがとうございます。この場を使ってお礼申し上げます。
以前の目標にあった25歳までに独り立ちという目標に向けて走ってきました。次なる目標はあります。(遠い未来、近い将来の目標です)
人にいえるような目標ではないですが、30までには何か足跡、形、臭いが残るように(臭いは残したくないね)また自分のペースではありますが走りだしていきたいと思います。

男の魅力・女の色気は30から。そして男の価値は40からです!
かっこいい30代・40代目指して残りの20代4年間が踏ん張りどころ!?かな。
スポンサーサイト

フライヤー制作

ライブに向けての楽曲作りもそうですが宣伝も大事なライブ作りの一つ。
特に今は経済的にもあまりお金をかけれる余裕がない分、削れるところには何とか限界まで削ってかつより良いものをということでフライヤー作りをしております。
しかし、今の私には宣材がまったくなく、入れられる写真も無いので一から作っています。
今まで事務所の人間に頼っていた分自分に回ってくるんですが、色々な計画があるにはあるんですが困難ながらも楽しみながらデスクワークに勤しんでおります。
徐々に皆様に公表していきますのでお楽しみに!

ライブだけじゃないのよ。これが。

私の愛すべき楽器の一部を紹介します。

まずは左、1尺3寸長胴太鼓です。
長胴の深く、そして小振りならでの明るい音が魅力です。

センター、1尺6寸平桶胴です。
桶太鼓の独特の広がりのある音と、長胴の低音と締太鼓の高音をつなぐ大事な中音域を出してくれます。

右、締太鼓(5丁)
アクセントになる高音を出してくれる締太鼓。本来ロープ締めですが、私のはこだわって作ってくださったボルトです。これで一人でも締められる訳です。

200607122028000.jpg

【“”の続きを読む】

爽快!

昨日スタジオを借りての練習日だったんですが、久しぶりのmy太鼓の感触!きもちいいーー!!

やっぱいいですわ。たまんないぃぃ!(おっとよだれが・・・ジュル)

この太鼓は私がむちゃむちゃオーダーして頼んだ太鼓なんですわ。
こういうのがいい、こういう音になるようにしてほしい、などなど

なので久しぶりに叩いてあげると太鼓も喜んじゃってますよ~。

そんでもってこれからの曲考えて実際音にしてみると、今までのがぶっ飛んじゃっいました。すぃかーし、またまたアイデアが湧き出る湧き出る!!うはっ、やば!

湧き出た音を逃がさないようにしないとねん。

それにしても、ああ・・・きもちいい!
200607121917000.jpg

 ソロデビューライブまであと2ヶ月ほど、これからどういったものに仕上げていくか練りこんでいく途中であるが、まずは今の自分に問いかけてみる。一体何ができるのか?どうしたいのか?何を伝えたいのか?それは一言に自分という壁の大きさを知ること。
 何事にもまずは現状を把握し分析することが大事だと思う。
自分は何が得意で、どんなリズムを生み出すことができて、これができなくって・・・言い出したらキリがないけれど。
 次に何をしないといけないのかを考える。今必要なもの。これから必要なもの。優先順位や人間関係を築きながら、一つ一つクリアにしていく。
 最後に行動する。これが中々できない。自分が動き出すことに正解も間違いもなく、やることからがスタートになる。そこから始まり、そこに戻ってくる。人からの意見や考えは参考にしても最終的に決めるのは自分で全ての責任は自分に返ってくる。しかしそれを恐れていては何もできない。行動することを恐れず自分の考えに自信を持って前進すること。上を目指すことその気持ちを持つこと大事にしたい。
 ライブまで残り2ヶ月これからテンション上げて曲作りにしないとね。

パワー増大に期待大!?

7月2日 零zero初ライブがやっとおわった~!
1年前から、いや俺にとっては1年以上前からの計画で、当時すでに舞台に立って演奏しているメンバーのイメージがあったけれど、そのイメージどおりに持っていくまでが中々大変やったね。
今回は俺も色々勉強になったし、これからの展望と言うのも見えてきました。

彼らにとっての初ライブと言うのは、零zeroにとっての初ライブ。メンバーは他のグループに所属しているものもいれば零zeroのみメンバーもいます。
各地のグループでライブを経験しているものもいるけれど、今回は特に特別ではなかったでしょうか。なぜなら彼ら自信にライブを作るらせたからです。
曲は俺が持ってきても構成は逆に自分達に作らせたり、舞台構成も同じように。衣装なんかは完全にノータッチ。彼らの好きなようにさせました。

俺が彼らに言いたかったこと、それは、ポジティブに考え、自発的に、積極的に行動すること。
それには一人一人がその物事に興味や好奇心がなければできないこと。押しつけられて進めるのではなく、一人一人の考えや行動がグループにとって良い方向に進む。それが全員に無意識のうちに感じ取れたんではないかと思う。
さらには他からの刺激。今回「同じ世代の同じ考えを持ったグループの交流」と言うことで須鼓路に手伝ってもらったけれど、俺的には須鼓路と言う自分達よりも上手な刺激を加えることで彼らには非常に良いカンフル剤になったと思う。目標もできた。

と色々話したけれどここで今回のプログラム
M1 始まり
M2 三宅
M3 金色の流川
M4 屋台
M5 大地(須鼓路)
M6 NOVA
M7 CREW(all cast)
アンコール 始まり(all cast)

今回の反省点はいくつかある。
まずは転換表を、転換をきちっと皆に伝えられなかったことがまず第1の失敗。非常に俺があいまいにしてしまい皆を混乱させてしまい、スムーズな転換ができなかった。これがうまくいけばライブ自体がもっと締まったはず。俺の大失敗。
第2にNOVAの仕上がり。これも作曲者である俺が曲を上げてくるのが遅かったせいで仕上がりが遅くなった。1ヶ月前に上げてきたのでは遅すぎた。できるだろうなどと言う俺の安易な考えが皆を不安にし、舞台構成上最も盛り上がらなくてはいけない曲でのできが俺的によくなかった。もっと良いイメージ俺の中であった。今後この曲はやりこんでいく中で代表曲になるであろうと思われる。
他にも色々俺の反省点はあるが、本当にメンバーにはよくやってくれたと感謝をしたい。ありがとう。今後色々な予定や目標があるけれど、共にがんばって行きたいと思う。
ケンジ。

ライブinfo

ライブinfo

古立ケンジ・ソロデビューライブ決定!
「Meet‘s Jam vol.2」
日時 2006年9月2日(土)
   藤が丘WEST・DARTS・CLUB
   http://www.west-dc24.com/contents.html
   pm6:30(open) pm7:30~(start)

チケット 2500yen+1ドリンク

問い合わせ 古立ケンジまで

ゲストミュージシャン morning set
http://sound.jp/morningset/profile.htm

イソフラボン&ボーン!

いろんなところでお食事のお誘いがあり、うれしい限りなのと同時にこれからの責任感じますねー。がんばっちゃうよー!

私が教えている日響楽器の和太鼓教室の定例飲み会!?があり久しぶりの大騒ぎ!!飲むわ食べるわ笑うわ泣くわ、挙句の果てにはカラオケでオールナイト!!どこにそんなパワーあんの??

でもおかげでパワーいただきました。(吸い取られたのもあるけれど・・・)

さって、次はもう一つ!岡崎のグループ零zeroだす。
初ライブを明日に控えてみんな緊張してっかな?
終わったら打ち上げ、また大変なことになるかいな!?


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。