古立ケンジofficial Blog ケンジのlivelog

古立ケンジ過去・現在・未来への扉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09’NZ日記②

二日目。そいつは僕らが来るのを待っていた。
何千年の時を越えて、はるか彼方に大地が誕生したその日から僕らを待ち続けていたのかも知れない。
自然とは壮大で、美しく、全ての時が止まったかのような空間を映し出す。しかしその瞬間は二度と訪れることのない海や川の様に激しく唸っている。
人間の踏み入れていいところではなかったのかも知れない。
たとえ待っていたとしても・・・。

そのことに気づくのは1時間と経たずに自分のしでかしてしまったことへの後悔とこれから先への不安が脳裏をよぎる。
いつになればそこにたどり着けるのか?否たどり着くのか?さえも想像もつかない未知の体験。今となっては『道の体験』とでも書こうか。
行きかう人々がにこやかな笑顔と共に手を振ってくれるが、私のそれにいっぺんの笑顔はない。
それどころではないのだ。


そろそろいいだろう。二日目の私達は・・・登山しました。(笑)
CIMG1916.jpg
NZについてまずいった先は絶景が待つ登山ですが、まさかこんなに激しい登山と思わなかったので、私は普通の靴(街中を歩くような)を履いたまま登山へ出発。2~3時間「たいしたことないですよ」とは到底思えないような、厳しい現実が待っていました。(ヒーー!)
CIMG1917.jpg
巨大な大木や、岩から染み出る湧き水など色々あって楽しかったです。CIMG1921.jpg
が・・・最初は楽しくおしゃべりしながら♪でしたが、登るにつれて口数も少なく
最終的に「ぜぇ~はぁ~」言ってました。
CIMG1922.jpg
この写真の滝の上に行きましょってな話。滝見るだけならすぐだったんですけどね~。
CIMG1924.jpg
登山途中の茂みから見える絵が皆の心を躍らせ、エネルギーへと変わります。
CIMG1928.jpg
頂上に着いた先にはきれいな小川が。
NZのギラギラした太陽の光が反射し、美しく流れています。
この先には大滝とそしてもう一つ・・・

CIMG1940.jpg
何事にも勝るこの景色は一生忘れることなどできない、美しい景色です。
辛い思いをしたらからこその感動がありました。
ほんとにすごい景色でした。

今思い返せば、この二日目が今回のNZ旅で一番きつかったかも!?

スポンサーサイト

09’NZ日記①

さて、太鼓センター発表会も一段落し、夏、あるいはそれ以降に向けての仕事もだいぶ固まってきました。
ここらでNZ旅日記2009です。

今年のNZ旅はお伝えしていたように由良君も一緒でしたので、演奏者は3人!
曲の幅も広がり色々できました。
まずはNZでお世話になったWAITAIKOの皆さんや魂の皆さん、それに協力してくださった方々や見に来てくださったお客様。本当にありがとうございました。
今年も楽しい旅でした。

でははじまりです。
久しぶりの十数時間のフライトもこれから始まるドキドキに短く感じ、体のだるさや時差ボケなども感じずにNZ入り。
関空を夕方出発しましたが、到着した時間は朝昼くらい?(だったかな)
「これこれこれ!」と去年もみた空港の光景が脳裏よぎる。
CIMG1884.jpg
迎えに来てくださったゆりかさんとマイク(ワイ太鼓メンバー)と一緒に、早速空港のマクドナルドでNZスタイルを満喫。
その後ハミルトンへ移動。
CIMG1885.jpgこの空気が懐かしくも新鮮。

着いたら早速お迎えのパーティーをしてくれました。
色々作ってくださったり、持ち寄ってくださったりでおいしくいただきました。
CIMG1900.jpg
話もはずみ今後のことなども色々話しました。
特に今回はホームステイで僕はリアンとダークのお宅へお邪魔することに。(写真右の奥の男性と真ん中の紫の服の女性です。かわいいでしょ!)
前回はモーテルだったのでなんだか寂しかったですが、今回は本当の意味でNZスタイル(異文化)を体験できそうで(実際できました)ワクワクしてます。

CIMG1890.jpg
ゆりかさんのお宅には去年にはいなかった新しい家族がいました。まずはまだ子猫のベンジャミン、通称ベンちゃん。
まだまだ子猫でかわいかった~!

最後には手作りケーキ&NZと言えばこのアイスクリーム!そうホーキー・ポーキーです。
CIMG1903.jpgスプーンが刺さっているのそうです。
いや~、皆さんと色々話して、これから始まるNZ旅が今年も楽しそうになりそうです。

でも早速次の日は過酷で壮大なNZの大自然が僕らの前に立ちふさがりました。
では続きはまた次回。

Memory of Reach

世界に名を馳せる山内利一氏のおちゃめショットばかりを集めてみました。

こんな利一さんは見たことがない!!というお宝画像ばかりです。
こんなことでもない限り、世に出ることはありません!!

お楽しみください!!!!!


画像 040

NZ二日目の三味線ライブでのリハ風景です。
すごく真剣です。


画像 043

二人で着物をきて街を闊歩しました。
お店の名前はその名も「神戸」!純日本風ですね。


画像 140

太鼓フェスの昼食です。各太鼓グループが持ち寄りで食事を用意しくれました。
りいちさん・・・!?


画像 147

僕のブログ用に写真をとった場所です。利一さんもブログ用!?
人間自然の前ではありのままの姿になるんでしょうね・・・。


画像 241

街中にあるダストボックスはおしゃれですね。デザインの種類もいくつかありました。
この人もダストボックス入れたろか。(うそ。そんなことできません)


画像 248

NZの名物のジェットボートのユニホームです。
利一さんおおはしゃぎです。
川に落ちてしまえ!(うそです。そんなこと思ってません)


画像 272

学校公演前の一息です。
学生がちょうど帰るとこだったんですが、変な目で見られてましたね。
これは僕も同じような格好してたので言えません。

いや~、さすが利一氏です。
見ているだけで楽しいですね。
そんな利一氏の最後のとっておき画像です。
画像 264

二人で楽しくお・ふ・ろ。

また来年行きましょう!

Memory of NZ part7

東京への引っ越しも・活動もだいぶ落ち着いてきましたので、NZでの日記です。
前回からお忘れの方はカテゴリーからNZ日記を!

さて、北島を一時離れワイへケ島へ行きました。
ワイへケ島は白ワインで有名な島だそうです。もちろんここでもワイン漬け。

ワイへケ島では利一さんのお知り合いのゆきさんと旦那さん。それに子供のアシュリーとドミニク。さらにゆきさんの弟ではなく!(コメント参照)、7つも年の離れた兄のたかどんがいます。
画像 319

一緒にライブをしたのはゆきさんと地元ヴァイオリニストの「ダナ」ちゃんと4人で競演です。
画像 313

地元の皆さんの協力もあって無事に終えることができました。
終わったあとはもちろんワインで打ち上げです。たかどんは少し前まで日本にいて元ミスタードーナツの店員。しかも元々アルバイトなのに社員を経て店長になっちゃったという実績!しかも不思議なことに私も利一氏もミスド経験ありというミスド通!ミスドのことで大盛り上がり!むちゃむちゃ笑いました。
ワイへケ島にも日本人の方がいらしたんですが、驚くことにもうNZにきて30年以上という方々ばかり。普段英語で話しているので、日本人同士で、お互い日本語わかるのに英語で話してました。僕らにもたまに振られるんですが、「えっ!?なんですか?」って感じでした。

滞在は2泊3日くらい?だったかな。とても良いところです。海がきれいで、世界のセレブの別荘もいくつかあるそうです。納得できる環境です。
画像 300


最終日は太鼓フェスで知り合った「魂」(たましい)の皆さんにお世話になりました。
ちょうどみんなでBBQの予定だったらしく混ぜていただいたんですが・・・やっぱり皆さん太鼓好きなんですね~。海の近くにも関わらず太鼓を持ってきてみんなで一緒に打ち合い。ほんと楽しかったです。
画像 336
                               画像 346


海外経験の少ない僕には今回のNZでの滞在で本当に素晴らしい方々と出会うことができました。
言葉では言い表せられないくらいの「ありがとうございます」を言いたいです。またNZの良いところもたくさん経験・体験させていただきました。
もちろん今でも交流させてもらい連絡を取り合ったりしています。
すでに来年のNZに向けて動いています。ぜひまた行きたいですね。いや行きますね、きっと!
NZの皆さんまた来年お会いしましょう!!また一緒に太鼓を打ちましょう!
Relax!Enjoy!!and・・・!!!!!!
このキーワードはまた来年ね!

Memory of NZ part6

さて、だいぶ引っ張りましたMemory of NZですので、少し巻きでいきたいと思います。
太鼓フェスが終りゆっくり・・・なんてできません。
オークランドで庭園コンサートに出演と言うことでワイタイコの皆さんと一緒に行きました。
ワイタイコ演奏

ミシェル&ケンジ

みんな大舞台をこなしたあとなのに元気です。最後は僕らも一緒に「YARAIYA」です。むっちゃ盛り上がりました。
ちなみにここでブログ用の写真を撮りました。
ブログ用写真1

世界に名を連ねる利一氏のお茶目写真その①
ブログ

帰りは皆で食事です。
利一氏のブログに皆で食事している写真が掲載されてます。良い顔してます。
写真はお世話になったポール&マミ夫妻。
p&m

さて、OFFの日もあったのでご紹介。
NZのフカ滝に行き、利一氏とフカジェットという水上ボートに乗りました。
楽しかったです。写真は二人の貴重なコスプレ、いやいやユニフォームです。
フカジェット

NZのダストボックスはおしゃれです。
街のあちこちダストボックスはあるんですが、デザインが何種類かあります。そのうちの一つNZを表す国の葉・シダの葉が描かれたダストボックスです。
お隣は世界に名を連ねる利一さんのお茶目写真その②。
ダストボックス

今回、ハミルトン滞在や学校公演その他もろもろを手配していただいた荒井さんご夫妻の子供達。
リュウ君とサシャちゃんです。二人ともかわいいんです。
りゅう&さしゃ

ナイスメガネは国境を越えます!!
サシャちゃんとリアンのナイスメガネ写真!んん~、ナイスメガネ!!
ナイスメガネ

さて、ワイタイコの皆さんとお別れしたとはワイへケ島編です。
いざワイへケ島へ!
写真はオークランドです。
いざワイへケへ

Memory of NZ part5 補足

先日「Memory of NZ part5」の日記の中でYARAIYAの写真がありませんでしたと書いたんですが、早速WAITAIKOの仲間から添付メールで写真が送られてきました。
NZでも読まれていると思うと嬉しいですね、Thank you very much!
この画、圧巻です!
yaraiya.jpg

Memory of NZ part5

さて、少し空いちゃいましたがNZ日記です。今日は太鼓フェスの模様を。
太鼓フェス自体は二日間分かれていまして、初日が僕ら二人だけのコンサート・二日目がNZで活躍する太鼓チーム5団体がそれぞれ演奏するといったものでした。
それにしても皆太鼓好きやね~。
どこ行っても練習とか口で「ドンドコ~♪」とか言ってました。
太鼓フェス出演団体は以下の5団体です(だったと思います。忘れていたらごめんなさい)
WAITAIKO
ハエレマイ
魂(たましい)
椋目(むくめ)
太鼓座
(順不同)
大人も子供も楽しく、でも真剣にと言った感じで、今日の日を待ち望んでいたようです。
きっと皆さんの中では色々緊張や失敗などもあったかと思いますが、それを感じさせない素敵な演奏でとても楽しい一時でした。お客様も大入り満員でした。
写真は楽屋ドアです。
なんか海外って感じですよね~。
楽屋

楽屋ピアノ
NZのウェリントンというところで活動している椋目という子供チームの楽屋が隣でした。
僕らがピアノで遊んでいると遊びに来てくれたので一緒に遊んでました。
子供らがむっちゃか~いかった♪(かわいかった)

清流
日本でも有名な清流登り打ちです。WAITAIKOの皆さんの十八番です!

太鼓囃子
太鼓囃子は世界中で大人気!?のようですね。

屋台
そしてやっぱり屋台です!見た目にもハードなこの曲も世界共通なようです。
(写真は全部リハーサルです)

そして写真はなかったんですが、最後には出演者全員で「YARAIYA」(山内利一氏作曲)を大合奏!!
それはもう圧巻で、僕らはもちろん皆さんむちゃくちゃ楽しんでやってましたね。終わったあとはお客様がスタンディングオベーションで喜んでくださったのでとっても嬉しかったです。

TAIKOはやっぱりどこに行っても楽しいって言うのを改めて実感しました。
ちなみに合言葉は「relax、enjoy and smile!」です!
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。